注文住宅、10年後にも同じデザインは可能?

注文住宅でドアやクローゼット等の内装はアメリカンテイストのデザインの家に住んでいます

窓のサイズも日本の一般的なものとは違うので、壊れたりした際は特注することになると購入する際に説明されました。

特注は高くつきそうなので嫌でしたが、壊れたときに考えようと思い購入しました。

昨年クローゼットを修復する必要がでてきたので業者に依頼しましたが、同じ部品をすでに見つけることができないので元のように修復することはできないと言われました。

日本のメーカーのクローゼットを取り付けるしかないと業者に言われて仕方なく妥協して工事を進めてもらいました。

結局仕上がりを見ると、修復したばかりなのでもちろん綺麗で、すっきりとして開閉しやすく他のクローゼットとの違いも特に違和感のない仕上がりになりました。

修復前は他のクローゼットとのデザインの違いがでてきてしまうのが気がかりでしたが、今では気にせず問題なく使用して過ごしています。

我が家に来た人も、こちらからその話を持ち出さなければ何も違いに気づかないようです。

住宅を購入する際は、特に変わったデザインのお家だと、破損した際の修理で替えの部品が10年後にもあるかどうか少しは考えたほういいかなと思います。

10年後に修理するとして同じデザインにはならないだろう、ぐらいの考えを最初に持っておけば、実際修理の時に妥協しなければならなくなってもそこまでガッカリしなくてすみます。

変わったデザインのお家じゃなくても、通常の日本のメーカーが販売しているものだって、10年もたてば多少デザインは変わってくるし改良は行われています。